「アートフラワー」「シルクフラワー」「アーティフィシャルフラワー」の違いは?

フラワーアレンジメント教室
フラワーマリアージュです。

本日はプリザーブドフラワーの資格を取得された生徒様2名様がアーティフィシャルフラワーコースをスタートされました。

当教室はプリザーブドフラワーレッスンを中心に、プリザーブドフラワーを融合させた~ボタニカルヴィンテージフラワー~もご提案させていただいております。

厳選した高級花材のアーティフィシャルフラワーの華やかさと、生花を加工したプリザーブドフラワーを合わせることでみずみずしさの残る豪華な仕上がりになります。

まずは本日完成した一作品目ウッドボックをご紹介♪一輪一輪お選びいただいたお花はそれぞれ雰囲気も異なります。

蓋を閉めてもお花が見えるのがポイントのボックス

こちらは暖色系のお花を合わせて優しい雰囲気に

プリザーブドフラワーとはまた全く違ったお花の種類やメーカーさんになりますので、特徴や選び方についてお話させていただきました。

最近のアーティフィシャルフラワーは生花のような質感のよい素敵なお花がたくさんあります。また季節ごとに魅力的なお花が続々誕生。

その中で何を選ぶか?はとっても重要!ディプロマコースでは、まずお花のことをたくさん知っていただきたいと思っています。種類もぐっと増ええるので、また今までにない楽しさを体験していただきたいです。

そしてレッスン後にいただいたご質問。
「シルクフラワーとは違いますか?」

アーティフィシャルフラワーとは生花のようにリアルに再現された造られたお花のこと(造花)です。

昔から造花といえばアートフラワーやシルクフラワー、フェイクフラワーなどと様々な呼び名で呼ばれていました。その後、2002年に混在した名前を統一しようと「アーティフィシャルフラワー」という名前が誕生しました。

そしてアーティフィシャルフラワーは「高品質」な「人工的なお花」として世に広められるようになりました。アートフラワーやシルクフラワーに比べて、最近出来た言葉なのです。

また造花とアーティシャルフラワーの違いについて。
造花の歴史は深くコストを下げるために使用されていたこともあるほど質的には最近のアーティフィシャルフラワーとは異なるものです。

100円均一などではアーティフィシャルフラワーは手に入りにくく、やはりクオリティのよいものを選ぶには専門店がおすすです。

マリアージュではアーティシャルフラワーのディプロマ(資格)取得後は、専門の仕入れ業者さんをご紹介しています。

たくさんのお花に触れより良いものが選べるようになるといいですね。そのためにレッスンではできるだけたくさんの新花材やお花をご紹介していきたいと思います。

フラワーマリアージュ
大阪校/東京恵比寿校/神戸校/福岡校