生花と遜色なし!プリザーブドフラワーとアーティシャルフラワーの手作りブーケ

プリザーブドフラワー教室
フラワーマリアージュです。

プリザーブドフラワーとは生花に保存液と着色料を吸わせて長期保存を可能としたお花のことです。水を与える必要がなく、生花と遜色ない瑞々しい質感と柔らかさが特徴です。

太陽がまぶしい夏真っ盛りですね。
挙式を控えていらっしゃいますプレ花嫁様の中には、海外で挙式をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
海外での挙式またはお写真撮りの時にブーケをどうしようかと、お悩みではありませんか。

現地で用意するとしても、好きなお花が現地にはないし…。
持って行こうと思っても、生花だと枯れてしまうから…。
飛行機の中で壊れたらどうしよう…。

そんなプレ花嫁様におすすめなのが、プリザーブドフラワーとアーティシャルフラワーを使ったブーケです。
最近では生花と全く遜色ない、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーを使ってブーケをお作りになられる方が増えております。
今回はそんなブーケについてご紹介させて頂きます。

●プリザーブドフラワーとは?
「プリザーブド」とは英語でpreservedのことです。「保存された」という意味があり、生花が一番綺麗に咲いている時期に色素を抜き取り染色、特殊な加工を施していきます。

●プリザーブドフラワーの歴史
ドライフラワーにはない自然な風合いを残したまま、長期の保存が出来ないかという思いから生まれた、プリザーブドフラワー。1986年、ベルリン大学とブリュッセル大学によって本格的な研究開発が始まりました。そしてその技術を基に1991年、フランスのヴェルモント社が、『寿命の長い花』として発表し世界特許認定を取得しました。
その後、世界的なフラワーデザイナーたちが相次いでアレンジメント作品に取り入れたことにより、世界中に広まり人気が高まりました。枯れない、生花に比べて軽いなどの点が注目され、ウェディングブーケやテーブルフラワーなどに利用されることが多くなっています。

●アーティフィシャルフラワーとは?
アーティフィシャルフラワーとは生花をリアルに再現した人工的なお花、つまり造花です。近年では、欧米はもとより日本でも大変注目されており、クオリティも年々向上し、生花では出せない高い芸術性と耐久性で人気を集めています。
IMG_4765

●アーティフィシャルフラワーと造花はどう違うの?
アーティフィシャルフラワーも確かに造花です。しかし、アーティフィシャルフラワーを造花とは呼びません。
一般的に呼ばれている造花は、遠くから見ても目立つように本物のお花よりも派手な色合いをしており、きらびやかな装飾に使われます。その為花びらや葉っぱ、茎などの素材が近めで見ると少し粗雑な印象を受けます。
一方アーティフィシャルフラワーは、室内インテリア用としてすぐ傍で見ることを前提にしていますので、生花と遜色ない作りとなっています。花の色も、造花より生花に近い自然な色合いで着色されていますので、お部屋のインテリアやブーケなどでも人気があります。

●最近流行なブーケは?
今多くの花嫁様に注目されているのが、自分で理想のブーケを作れる「手作りブーケ」です。結婚式のプランを決める時に選べるブーケは全て、無難なデザインのものばかりです。式場側も多くの花嫁様を個々に対応することは難しい為、色合いもデザインもどなたが持っても似合うものしか用意できないのです。
しかしせっかくなら自分の好きな花材を使いたい!自分だけのオリジナルブーケにしたい!妥協したくない!という花嫁様が多く、自分だけの「手作りブーケ」を作られる方が増えているのです。
IMG_3003

●どんなブーケが作れるの?
手作りブーケは難しそうだから、デザインが限られるのでは?と心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?ご安心下さい。定番のラウンドブーケから人気のナチュラルクラッチブーケやリースブーケ、神前式用のボールブーケまで作れてしまいます。

★プリザーブドフラワーとアーティシャルフラワーの手作りブーケ紹介★
~真っ白なピオニーを使ったキャスケードブーケ~
こちらは滝のように流れるフォルムが印象的な「キャスケードブーケ」。白とブルーの色調にまとめています、白の中心にありますピオニー(白のお花)とブルーのお花はアーティシャルフラワーを使っています。そしてアジサイはプリザーブドフラワーを組み合わせていますが、全く違和感を感じず自然な風合いに仕上がっています。
IMG_4778

~豪華なカサブランカブーケ~
こちらはとっても豪華なカサブランカブーケ。純白な白の大輪の花を咲かせる「ユリの女王」と呼ばれるカサブランカ。こちらのブーケは海外でお写真を撮るということで、全てアーティシャルフラワーで作っています。アーティシャルフラワーですと、機内へのお持ち込みの時も壊れる心配がありませんで、海外挙式をお考えの方には大変おすすめです。
IMG_4646

間近で見ても本物と全く遜色ありません。
IMG_4649

~人気のクラッチブーケ~
こちらはとても上品なスズランを使ったクラッチブーケ。クラッチブーケとは花束をぎゅっと束ねた自然な風合いなブーケでありますので、ナチュラルテイストやガーデンウェディングをお考えの花嫁様におすすめです。こちらのスズランのお花もアーティシャルフラワーであり、カスミソ草やアジサイのプリザーブドフラワーと一緒に作られています。
IMG_3538

~真っ赤なダリアのブーケ~
こちらはアーティシャルフラワーの真っ赤なダリアを使たブーケ。とっても豪華で華やかな仕上がりとなっています。プリザーブドフラワーの深紅のバラともとても合っており、クラシカルな仕上がりとなっています。
IMG_3021

アーティシャルフラワーとプリザーブドフラワーを使ったブーケは、挙式後もお家に飾って頂くことが出来ます。
海外挙式をお考えの方も、アーティシャルフラワーのブーケですととても軽くて壊れる心配もありませんのでおすすめのブーケです。
IMG_4495

●初めてでも作れるの?
ご安心下さい。お教室にお越し下さいます多くの方がお花に触るのも初めての方ばかりです。最後までしっかりサポートさせて頂きます!

●制作の流れは?
制作される前に、制作日より1~2週間前にお打ち合わせにお越し頂きます。お打ち合わせの時間は約1時間。ブーケに使用したいプリザーブドフラワーやドライフラワーなどのお花を選んで頂きます。お時間がなくお打合せにお越し頂くことが難しい場合は、メールでのご対応も可能ですので是非ご相談下さい。

ブーケを作るのがご心配な方は、体験レッスンも随時ご受講頂けますので、まずは気軽にアレンジを楽しんでみるのもおすすめです。
是非ご自身の理想とするブーケを手作りしてみませんか♪