秋の結婚式 手作りでこだわりたいリースブーケレッスン

東京恵比寿プリザーブドフラワー教室
フラワーマリアージュです。

10月、11月は秋のブライダルシーズン。花嫁様のウェディングドレスに合わせて手作りのプリザーブドフラワーブーケがあります。

ウェディングブーケの形には種類がたくさんあるのをご存知でしょうか?

ドレスに合わせて選ぶブーケは花嫁様にとってはとても大切な1日になるウェディングアイテムのひとつです。

ナチュラルからかわいいまで自由自在にアレンジ可能なリースブーケのご紹介です

ブーケの種類とは?
ウェディングドレスに合わせるブーケの形にはラウンドブーケ(丸い形)、ティアドロップブーケ(しずく型)、キャスケードブーケ(流れる滝)、クラッチブーケ(茎部分をみせてぎゅっと束ねた形)、リースブーケ(丸やハート型の蔓にアレンジ)、などあります。

ドレスに合わせて選んだり、花嫁様のお好みの形を選ぶといいですね。

リースブーケとは?
リースブーケは人気の形です。ラウンドやティアドロップブーケに比べると、ナチュラルな仕上がりになり、蔓の形は丸やハート型などがあります。丸い形のリースブーケは大きさが約30㎝以上がおすすめです。花嫁様のドレスに合わせてサイズも決めたいただくといいですね。

基本は30㎝~40センチくらいです。

また、アレンジ部分はリースの下。蔓部分にリボンをつけて手で持つように仕上げます。

o1080087814273414047[1]

リースブーケの特徴とは?
リースブーケの特徴は他のブーケに比べるとナチュラルな仕上がりになります。お花よりも葉物をたくさん使いたい時にはこのブーケが花嫁様にも喜ばれます。形も葉物や小花をたくさん入れることで、ふんわりと優しい、自然なイメージ、可愛らしい、と言ったブーケに完成します。

まずリースブーケをつくるときは、お花や葉物、小花を選びます。
ユーカリといった葉っぱがあります。この葉物をふんだんに使って、動きをつけてナチュラルさを出します。
o1080080814273414061[1]

こちらのリースブーケは千日紅、ライスフラワー、ポアプランツ、実つきのユーカリ、などの小花を使って完成。

o1080087814273414047[1]

ボリュームアップはレッスン中にしていただけます。もう少し小花やアジサイ、葉物を取り入れたい時はお気軽にお申しつけください。

リースブーケのレッスン予約は?
レッスンは、事前にお打合せさせていただきます。時間は約30分~1時間程度です。この時間にお花や小花を選びます。レッスン当日は、アレンジがメインになりますので、下準備(開花)はこちらでご用意させていただきます。

打合せ時に、イメージ画像や、ドレスの写真などがあればお持ちください。

o1080072014273414033[1]

レッスン当日の持ち物は?
道具はすべてこちらでご用意いたします。持ち帰りのBOX、袋もございますので、手ぶらでお越しください。

【東京恵比寿校】
TEL03-6303-1892
渋谷区恵比寿南2-16-12
お問合せフォームはこちらです